読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱中症について

この時期ほんとに注意するべきこととなるので

少し長ったらしくかきます!

どうぞ最後までお付き合いよろしくお願い致します!(笑)

 

さあ、まず!

危険な状態になりやすいのです・・・

なぜかというと|д゚)

 

わんちゃん・ねこちゃんは・・・

・いつまでも毛皮のコートを着ています。

・人間さんとちがって汗をかきません。

 そのため熱を放出しづらいからだとなっています。

 唯一汗をかくところが、足裏のみ( ;∀;)

・呼吸で体温調節をしています。

・地面にとっても近いんです!!

・裸足で歩いているんです(T_T)

・人間さんより体温は1度から2度高いのです!

・そして熱を放出しづらいため・・・上がりやすく下がりにくい・・・。

 

とくに、鼻の短い子はより熱を放出しづらいからだとなっているので

要注意の犬種です(T_T)

脚の短いダックスさん、コーギーさんは地面からの熱を吸収しやすくより体温が上がりやすいです。

毛の長い子はより分厚い毛皮のコートです・・・。

 

そのこそのこにより大差はありますが、わんちゃんねこちゃんは熱中症になりやすいのです。

 

まず、予防をしていき、よくわんちゃんねこちゃんを観察してみていきしょう!

 

~予防と対策~

一、お散歩は涼しい時間帯に!

  ただし・・・夕方は一番太陽熱を吸収したアスファルトが熱を蒸発している時間  なので、その時間帯が一番わんちゃんねこちゃんにとって暑く、熱中症なりやす  いです!要注意!

  お散歩は、夜中が良いかなー・・・・太陽でる前の朝方!など・・・

  あとは飼い主様自身で地面をよく触って確かめてください!

  やけどしたりする子もいるのでなおさら!

一、少しでも呼吸が荒らそうなら即休憩!

  即冷やす!!保冷剤ならタオルを厚めにまいて!

  直接保冷剤を当てるのはあまりよくありません。。。

  もしくは、冷たい飲み物などを脇などリンパ節にあてるといいですよ♪♪♪

  バスタオルなどがあれば、水で冷やして体をまいてうちわであおぐとより

  効果アップ♡汗のかわりになるんです♪

ー、こまめな水分補給!

  ただ無理やりはやめてくださいね(>_<)

  呼吸が荒い時に無理やりあげりすると気管に入ったりして誤嚥性肺炎を起こして

  しまうことがあるので冷やしたり休憩したりして呼吸整えてからあげるとグッド  です♡

一、あとはおかしいと思ったら早めに病院へ・・・!!

  これが結構重要になります。

  落ち着くかなーと待ってて落ち着かずチアノーゼ(酸素不足)になると病院の処  置がだいじになるので・・・(>_<)

  こまめに体温を測ってあげてください。なかなか下がらなければ即病院行かない  と消化器系がやられたり臓器が上手く働かなくなってしまいます(>_<)

  

本当に死に至るぐらいのものになるのでご注意してみてあげてください(>_<)

自分でよくわからないけどなにか変!となったらすぐに病院へ!

 

なにか不明なことあればいつでもご質問おまちしています♡

 

ながながと文もまとまらずにすみません(>_<)

f:id:anifa-ohana:20140720135206j:plain

 

それでは、ご機嫌マロンさんでさよーなら♡

 

(株)ファニメディック ☆看護士 坂元☆